お知らせ内容をここに入力してください。 CLICK!

理学療法士の服(ユニフォーム)の名前って何ていうの?

こんにちは!平社員Kです。

私は整形外科クリニックに勤める9年目の理学療法士です。

今回は、こういった質問に答えていきます

理学療法士や作業療法士の先生が着ている服って何ていうの?教えて‼

医療業界の実習や理学療法士として働く際には、特別な服(ユニフォーム)を着ます。

理学療法士だけでなく、医師・看護師・放射線技師・作業療法士など総合病院では職種によってユニフォームの色が区切られています

例えば、医師なら『白衣』です。医師=白衣というのはイメージがつくと思います。それなら、理学療法士は何ていうの?と疑問に感じる方も多いです。

理学療法士の実習生の方、特にこれから入職する理学療法士の方には、とても参考になる記事になっています。ぜひご覧ください。

目次

本記事の内容

内容

・理学療法士の服は何ていうの?
・ケーシー、白衣、スクラブとは
・それぞれの違い

本記事の信頼度

・現役9年目の理学療法士
・整形外科クリニックに勤務
・FP2級取得

私は、整形外科クリニックに勤める9年目の理学療法士です。

平社員だからこそ分かる、理学療法士の悩みや体験談をお届けします!

金融・経済・ライフスタイルの専門家であるFPの資格を取得しています。FPの知識を生かして、社会的立場から見た理学療法士にとって必要なことを発信します。

理学療法士の服(ユニフォーム)は何ていうの?

理学療法士が着ている服は何ていうの?

結論、理学療法士のユニフォームは、『ケーシー』と呼ばれる服が多いです。

あなたが理学療法士の服とイメージしているものは、ケーシーである可能性が高いです。

ケーシーは理学療法士だけでなく、作業療法士・言語聴覚士・放射線技師・介護士も着ています。看護士は一般的にナース服と呼ばれていますが、実はあれもケーシーなんです。

理学療法士の3種類の服装を紹介

先ほど説明したように、理学療法士はケーシーを着ていることが多いです。

しかし、実はケーシー以外の服を仕事着として指定している病院・企業もあるんです。ここでは、理学療法士が着ている3種類のユニフォームを紹介します。

理学療法士の服

✓ケーシー
✓白衣
✓スクラブ

ケーシー以外にも、白衣やスクラブというユニフォームがあるんです。

ケーシー

ケーシーは、丸首とジッパーが特徴的なデザインです。

看護師や理学療法士の実習生は基本的にケーシーが多いです。動きやすい生地をしているので、病院内を動き回る理学療法士には最も適しているユニフォームとなっています。

白衣

白衣=医師というイメージがあると思いますが、意外にも理学療法士が着ることもあります。

理学療法士で白衣を着る場合は、大学の教授であることが多いです。大学の授業で着ることもありますが、大学の先生が週1回病院に出向き、理学療法を行う際にも着用することがあります。

実習生では、解剖実習を行う際に着ることもありますよね?

スクラブってなに?

最近、ケーシーと同じくらい着用率が高いのは『スクラブ』です。

スクラブは、Vネックでジッパーがないことが特徴的なデザインです。「ごしごし洗う」という意味の英語scrubが語源です。その名の通り、ごしごし洗っても生地が丈夫で、傷みにくいことがメリットです。

最近では、看護師・理学療法士などの総合病院だけでなく、歯科医師、歯科衛生士も着用しています。なんとなく見覚えがある、という方も多いのではないでしょうか?

理学療法士の服装(白衣・ケーシー・スクラブ)の違い

ここからは、白衣・ケーシー・スクラブの違いを表にして解説します。

スクロールできます
白衣ケーシースクラブ
デザイン前開き丸首、ジッパーVネック
カラー多色多色
アイロン必要不要不要
理学療法士のユニフォーム比較表

デザインや使い方に違いがあります。

理学療法士として1番気になるのは、リハビリのしやすさですが、ケーシーとスクラブは白衣よりも動きやすいので人気があります

以前私が勤めていた病院では、アイロンが必要だったのですが、アイロンが不要なケーシーに変更してから毎日の負担が無くなり、とても楽でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

9年目の現役理学療法士(PT)です。
当サイト「リハジョブ」では、「理学療法士が60歳まで不安なく働ける」ことをテーマに理学療法士の悩み・転職情報を中心に発信しています。
私は10人以上のSV(スーパーバイザー)、50人以上の実習生を指導。FP2級を取得し、社会人として必要な税金・金融・ライフプランの知識を網羅。
現役理学療法士で将来に不安を感じている方も多いと思います。少しでもその不安・悩みを解決していただけるよう、全力でサイト運営していきます。

目次