[youtube https://www.youtube.com/watch?v=yUtvp7gwBmU&w=560&h=315]

パナソニック エイジフリー株式会社は、離床アシストロボット「リショーネPlus(プラス)」を2017年1月20日に発売開始しました。また2017年2月1日より順次、ご家庭用にレンタルも開始されます。

新製品の「リショーネPlus(プラス)」では、車いすの配置を左右から選べぶことができ、間取りに合わせやすくなりました。また、カバー付きアームレストや、背足が連動する電動リクライニング(車いす)など、安全性・快適性が向上しています。さらに音声ガイドと液晶表示で車いすの分離・合体操作を案内するなど操作器も改良されており、初めて使用する方でも一人で簡単に操作できるようになりました。

ある調査によると看護師、理学療法士、介護士等の医療関連職種の7~8割が腰痛経験者との報告があり、移乗時の腰痛予防は重要な課題として挙げられています。今回ご紹介する「リショーネPlus(プラス)」を利用するにことにより、介護する側のみならず、介護を受ける側の負担軽減にもつながるんではないかと期待が寄せられます。

参考:離床アシストロボット「リショーネPlus」がISO13482に基づく認証を取得