ニュートリー株式会社と株式会社アペックスとが、日本初の新機能”とろみボタン”付き「カップ式自動販売機」を開発しました。

“とろみボタン”付き「カップ式自動販売機」は、高齢者をはじめとする嚥下機能が低下した方の嚥下補助(飲み込みのサポート)を目的に開発された製品で、とろみは、嚥下機能に応じて、薄いとろみ、中間のとろみ、濃いとろみの三段階から選べるようになっています。両社は、医療・介護現場の慢性的な人手不足解決の一助だけでなく、とろみを必要とする方が、好きな飲料を好きな時に楽しめるような新しいリソースの提供を目的にビジネスモデルの構築を進めるとしています。

2018年10月から病院への設置を開始し、2021年には2万台の設置を目指しており、さらにサービス付き高齢者住宅や有料老人ホーム等、高齢者施設への導入を目指します。


【製品の特長】
 です。医療機関で使われている専用のとろみ材「ソフティアS(エス)」を使用し、とろみをつけるための撹拌作業(とろみ調整)を自動化することで、安定した物性(テクスチャー)の飲料を提供できます。
 導入先には、アペックスの社員がルート巡回し、品質管理、衛生管理などメンテナンスを日常的に実施します。その点で医療・介護現場の人手不足の課題を解決する一つのソリューションとして、ビジネスモデルの構築を目指しています。

【開発の背景】
 とろみ付き飲料は、飲み込みが難しい方の誤嚥・窒息を予防する目的で、医療機関や介護保険施設をはじめ、サービス付き高齢者住宅や有料老人ホーム等で提供されています。通常は、専用のテクスチャー改良材「とろみ材」を飲料に加え、スプーン等で撹拌し、とろみの程度を調整して作ります。
 ニュートリーでは、医療・介護現場での深刻な人手不足を解決するため、とろみ作りに人的労力を必要としない方法を模索していました。一方、アペックスでは、高齢化が進む日本で嚥下障害者が増えている動向に着目し、嚥下機能が低下した方にも飲み込みやすい飲料を提供する方法を検討していました。本開発を通して、医療・介護現場への新しいリソースの提供を狙い、新しいビジネスモデルの構築を目指すとともに、加齢や脳血管疾患等により低下する嚥下機能に配慮し、誤嚥・窒息リスクを軽減するためのサービスを提供。誰でもどこでも何歳になっても、「最高の一杯」を楽しむ一助となるよう取り組んでまいります。