平成29年11月8日に厚生労働省社会保障審議会介護給付費分科会が開かれ、平成30年改定で以下の点について具体的な話し合いが行われています。

・医療ニーズへの対応強化の推進について

・複数名による訪問看護に係る加算の実施者の見直しについて

・ターミナルケアの充実について

・訪問看護ステーションにおける理学療法士等による訪問の見直しについて

・訪問看護の報酬体系の見直しについて

・訪問看護の告示における要件の明確化について

参考:第150回社会保障審議会介護給付費分科会資料|「訪問看護の報酬・基準について」【厚生労働省】