厚労省は、国内での介護人材の確保を加速化させるため、介護福祉士国家資格の取得を目指す外国人留学生に対する修学資金等14億円の貸付けを充実させるとの考えを示しました。

 

大阪府では平成21年度より、介護福祉士・社会福祉士の資格取得をめざす方や介護の仕事に再就職する方などを応援するために、以下の4種類の貸付制度を実施しています。各都道府県にも同じように貸付制度がありますので、ご活用ください。貸付制度の詳細については、各都道府県の社会福祉協議会等で確認ができます。

全国のお問い合わせ先リスト:介護福祉士等修学資金貸付事業実施主体所在案内

1 介護福祉士修学資金貸付制度
介護福祉士の資格取得をめざす方が養成施設に修学するための費用を無利子で貸し付ける制度です。
貸し付けを希望し一定要件を満たす方は、修学期間中毎月5万円の修学資金のほか、入学準備金20万円(初回の貸付け時に限る)、就職準備金20万円(最終回の貸付け時に限る)の貸し付けを受けることができます。さらに、平成28年度からは国家試験受験対策費用4万円(1年度当たり)の貸付が追加されました。
なお、養成施設を卒業後、1年以内に介護福祉士として大阪府内の社会福祉施設等で継続して5年間従事した場合は返還が免除されます。

2 社会福祉士修学資金貸付制度
社会福祉士の資格取得をめざす方が養成施設(福祉系大学は除きます)に修学するための費用を無利子で貸し付ける制度です。
貸し付けを希望し一定要件を満たす方は、修学期間中毎月5万円の修学資金のほか、入学準備金20万円(初回の貸付け時に限る)、就職準備金20万円(最終回の貸付け時に限る)の貸し付けを受けることができます。
なお、養成施設を卒業後、1年以内に社会福祉士として大阪府内の社会福祉施設等で継続して5年間従事した場合は返還が免除されます。

3 介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度(平成28年度より実施)
 介護福祉士国家試験を受験するため、介護福祉士実務者研修を受講する方(介護業務の実務経験3年以上もしくは3年以上となる見込みの方で当年度もしくは翌年度の介護福祉士国家試験の受験資格を満たす方に限ります)の受講にかかる費用を無利子で貸し付ける制度です。
貸し付けを希望し一定要件を満たす方は、介護福祉士実務者研修の受講等に必要な費用について、20万円を限度として貸し付けを受けることができます。
なお、介護福祉士実務者研修修了後、1年以内に介護福祉士としての登録を行い、大阪府内の社会福祉施設等で継続して2年間従事した場合は返還が免除されます。

4 再就職準備金貸付制度(平成28年度より実施)
1年以上、介護業務の経験のある有資格者(介護福祉士、介護福祉士実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者など)が介護職員として再就職する際に必要な費用を無利子で貸し付ける制度です。
貸し付けを希望し一定要件を満たす方は、再就職に伴い転居が必要となる場合の転居費用、介護の情報収集や学び直しのための費用、通勤用の自転車・バイクの購入費用など再就職に必要な費用について、40万円(一人当たり1回限り)を限度として貸し付けを受けることができます。
なお、再就職の日から継続して2年間、大阪府内の社会福祉施設等で介護職員として従事した場合は返還が免除されます。
※この貸付制度での介護職員とは、介護保険法(平成9年法律第123号)第23条に規定する居宅サービス等を提供する事業所若しくは施設又は第1号訪問事業若しくは第1号通所事業を実施する事業所において従事する介護職員です。