私は言語聴覚士というリハビリの仕事をしており、嚥下機能が低下した方のリハビリを担当することが多々あります。その中で、利用者様や患者様それぞれの嚥下機能に合ったに嚥下食を提案することも多いのですが、「見た目が美味しそうに見えない」「見た目は良いけど味が全然しない」といった意見を聞くことが多く、なかなか摂取量の増加に繋がらないことがあります。そこで、さまざまなメーカーさんから発売している嚥下食を試食し、「見た目」「香り」「味」「食感」「まとまりやすさ」「飲み込みやすさ」「調理方法」の項目で食レポを行い、嚥下食の選択に悩んでいる方の一助になればと考えています。

では、第一回目は大塚製薬から発売している『あいーと』の試食を行いましたので、レポートしたいと思います。

そもそも『あいーと』とはどういったものなのか。

あいーととは、食材ごとに酵素を選択し、酵素均浸法という手法により食材の見た目や香りをそのままに残したままで食べ物を柔らかくした嚥下食です。ミキサー食やペースト食を摂取しており、咀嚼する力が弱くなった方を対象に作られており、「食べる機能」と「栄養摂取」をサポートする食事として「摂食回復支援食」と名付けられています。メニューは豊富で39種類(2016年10月時点)もの食品が揃っています。詳しくはHPをご覧ください。

あいーとをおすすめする5つの理由

あいーとメニュー一覧

あいーとQ&A

今回はこの中から食パンの試食をさせていただきました。病院や施設でも咀嚼力の低下している方や、義歯がないのにパンの摂取を希望される方も多いのではないでしょうか。では、各項目について★5でレポートをしていきたいと思います。

  

あいーと食パン 313円(税込) 内容量:78g  エネルギー:106kcal  たんぱく質:2.0g

試食レポート

【見た目】★★★★★

見た目はそのままパンです。食材に酵素の力を使用しているため、ミキサー食や再成形食と比べると形が全く崩れておらず、違いが歴然です。

            

ミキサー食                                                                        再成形食
(ごはん、すき焼き風寄せ煮、ホタテと野菜のあんかけ)            (サワラの照り焼き)

【香り】★★★★★

香りもパンそのものであり、食欲をそそるものでした。

【味】★★★★★

味もパンの味を十分に維持できています。ただ、そのまま食べ続けるにはやはり物足りなさがあるので、召し上がる方の嚥下機能によってはバターやジャムを塗るとより美味しくいただけるかもしれません。

【食感】★★★☆☆

パン独特のふんわり感があって非常に柔らかく、舌と上あごで押しつぶすだけで飲み込むことができました。また、今回は電子レンジを使用して調理しましたが、パンの底の部分は水の浸したようにべちゃべちゃになっていました。

ちなみに、パンの一部をオーブンで焼いてみましたが、焦げた部分は水分が飛んでパサパサしてしまったので、あいーとの良さである噛みやすさが完全に損なわれてしまいました。記載どおりの方法で調理しましょう。

【まとまりやすさ】★★★☆☆

あいーとのパンは常食のパンとは違って、咀嚼するごとに硬くならず、付着性もおさえられるように作られているようですが、そのためか咀嚼を続けていると口の中でパラパラと散らばるような感覚がありました。

【飲み込みやすさ】★★☆☆☆

非常に柔らかく作られているため、少ない力で飲み込むことができますが、まとまりやすさの項目で述べた、口の中でパラパラと散らばったものがのどの奥に少し張り付くような感じがありました。

【調理方法】★★★☆☆

調理方法は、電子レンジと蒸し器とスチームコンベクションの3つの方法がありますが、今回は電子レンジを使用しました。電子レンジでの調理方法は200wもしくは解凍設定で3分温めるとのことですが、今回使用した電子レンジに200wの設定がなかったため、解凍モードで調理しました。しかし、凍っている部分が多く、様子を見ながら少しずつ延長して温めをしました。温め後はパンの底がべちゃべちゃになっていたこともあり、もしかしたら使用する電子レンジとの相性もあるかもしれません。

ちなみに蒸し器は20分、スチームコンベクションは80℃設定で20分が必要とのことで、電子レンジに比べると時間がかかるようです。

 

まとめ

見た目、香り、味に関しては常食のパンと変わらない状態であり、ミキサー食や再成形食と比べると食欲がそそるものでした。ミキサー食や再成形食のように見た目が美味しそうに見えないものだと食欲がわかずに、食事の摂取量が低下してしまうこともありますが、あいーとの食事であれば常食と変わらない見た目と香りと味であるため、そういった方の食事の摂取量が上がることも期待できるかもしれません。

食感に関してはとてもやわらかく、咀嚼力が弱くなっている人や義歯がない人でも簡単に食べることができそうです。

飲み込みやすさに関しては、口の中でばらけたものがのどに張り付く感じが気になるところであり、嚥下障害があって誤嚥のリスクがある方は専門家の事前評価が必要かと感じました。飲み込みの機能はある程度維持されている方で、ミキサー食やペースト食に不満がある方に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ

・ミキサー食や再成形食をむせなく摂取できている方。

・ミキサー食や再成形食の見た目では食欲がわかない方。

・認知症などにより、ミキサー食や再成形食を見て食事であると認識できない方。

・義歯がない方や、硬いものを噛むことが難しい方。

 

ちなみに、あいーとは冷凍保存であるため賞味期限は3か月~11か月(食パンのみ約20日~3か月のようです)と長持ちします。

あいーとの購入方法ですが電話・FAX・ハガキ・オンラインショップといった方法があります。