こんにちは、マサヤです。
平成最後の年末が迫っていますね。30年間、あっという間ですねー。

12月16日
フォレスト市川ゴルフ倶楽部でラウンドしました。
距離もあり左右が狭く、谷や池、ドッグレックなど、難コースで楽しめました。
平成最後の年越しを飾るには、もってこいのラウンドとなりました。

レギュラーティで総ヤードは6332ヤードのパー72です。
スコア結果は114(54+60)と歴史を刻みました。

数発のナイスショットはありましたが、OBを量産してしまう課題が残存していますね。汗

昼ご飯がバイキングで、ステーキが美味しくて2枚も食べちゃいました。(´∀`*)
美味しい食事もゴルフの楽しみの1つですね(スコアと引き換えに…)笑。

スコア結果

フォレスト市川ゴルフ倶楽部。レギュラーティ使用。
OUTコースよりスタート

SOAPを用いて考察してみましょう。

S)subjective 主観的データ

ドライバーが吹流しまで飛んでいる。今日は平成最後の年越しラウンド!!
お祭り気分で振りまくるぞおおおおお!!OBを恐れないで攻める!!
OBの打ち上げ花火じゃい!!

O)objective 客観的データ

パター合計は35パット。35打÷18ホール=1.944。1Hあたり2パット以上叩いていない計算。
3パットが2回ある。1パットが3回ある。

スコアは114。ショットは114-35=79。79打も叩いている。
ティーショットで5回OBして、プレイングフォーよりプレイしている。
4打目を1回OBして打ち直しとなっている(次は6打目)。

A)assessment 評価(上記のSとOの情報の評価)

①ショット63の目標に対して結果は79打と大叩き。OBが合計6回ある。ティーショットでのOBが5回あり課題は重要。しかも自ら振りまくっている。OBの打ち上げ花火とか意味不明である。もっとスコアマネジメントを終始徹底する。

②1Hにつきパターは2打必要と考えると合計36打は据え置き。結果の35打は目標達成しているが、3パットが2回あるので課題は残る。

P)plan 計画(上記のSとOとAをもとにした練習計画)

①力まず方向性を重視するスイングを心がけて、練習場でティーショットをする。
→スコアマネジメントを意識できるように、色んな距離を真っ直ぐ打てるように番手を打ち分ける。

②引き続きパター練習(2打で入れる戦略)
→ピンから10歩の離れた位置からパットする。3歩以内に寄せる。
→ピンから3歩の距離を1パットで入れる。

2019年に期待しましょう!!
本日もありがとうございました。

◆前号はこちらに掲載しています。↓↓

療法士が集うココアゴルフ部act.5☆冬場の芝(グリーン)は速い?