いまさら何をと思われる方も多いとは思いますが、歩行器、歩行車、シルバーカーの違いをご存知でしょうか?どれもよく耳にする単語です。
厚労省では、介護保険法において『歩行器』を、以下のように定めています。

歩行が困難な者の歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するものであって、次のいずれかに該当するものに限る。
一 車輪を有するものにあっては、体の前及び左右を囲む把手等を有するもの
二 四脚を有するものにあっては、上肢で保持して移動させることが可能なもの

しかし、これでは、歩行器、歩行車、シルバーカーの細かい違いがわかりませんね。
今回は、歩行器、歩行車、シルバーカーの違いについてお話していきたいと思います。

 

歩行車とシルバーカーの違いは?

どちらも四輪で手押し車というような印象はありませんか?外見も酷似していますので、そもそもどちらも同じもので言い方が違うだけと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

左がシルバーカー、右が歩行車なんですが、どちらも似たような形状ですよね。

 


SGマークで有名な一般財団法人製品安全協会(HPはこちら)では、以下のように定義されています

歩行車とは

歩行の安定性確保又は支持のために用いるもの。左右のフレームとその連結フレームからなり、フレーム下端部に車輪が付いた歩行補助機 器をいい、使用者がその間に立ってフレームの ハンドグリップや肘あて等で体重を支えて移動 するもの。

 

シルバーカーとは

自立歩行可能だが,屋外での物品の運搬や長距 離の移動が困難な主として高齢者が,歩行の補 助や品物の運搬及び休息に用いるもの。車輪が 4 輪以上のもので、ハンドル、フレーム、ストッパ等 で構成したもので、通常、利用者を含めた重心 が支持基底面外にあるもの。

つまり、シルバーカーの本来の目的は、『歩行の安定性確保』ではなく、『荷物を楽に運ぶ』『休憩できる』ことなんですね。もちろん歩きにくくなってきたから使っておられる方もいらっしゃるとは思いますが、シルバーカーは『歩行の安定性確保』する事を目的としていないため、体重を支えるような構造にはなっていません。

 

その点、歩行車は、『歩行の安定性確保』を目的としているため、構造上もしっかりしており、シルバーカーに比べると重量等も含め安定しているものが多いです。そして、歩行車はハンドル部分がU字型になっているものが多く、お身体を前に、少し中に入れて使用できるようなっています。お身体を中に入れることで、手の位置(ハンドルの位置)が身体に近くなり、体重を手でしっかりと支えることが出来るんですね。また、シルバーカーのように前傾姿勢にならずに歩くことが可能です。

  歩行車 シルバーカー
目的 歩行の安定性確保 荷物の運搬や座って休憩する事
対象 自立歩行が困難 自立歩行が可能
形状 ハンドル部分がU字型で体を中に入れることが可能 ハンドル部分は横一直線で、後輪間に連結フレームがあるものが多い
介護保険 適用 適用外
その他 自動ブレーキ等、歩行を補助するための機能が様々で能力に応じて色々と選択できる 軽量な物も多く、バス等の公共交通機関の利用や段差が多い場所などで使いやすい

歩行車でもシルバーカーの形状に近いものもありますので、シルバーカーや歩行車を購入される際は、
必ず目的を明確にしておきましょう。

歩行器とは?

一番なじみのある言葉かもしれませんね。

一般に歩行器と言えば、4脚のフレーム構造の歩行補助具のものをさすことが多いようです。



歩行器は、左から、①持ち上げ型、②交互式、③キャスター付、④馬蹄型の4つに大別されます。

歩行器は、屋内用やリハビリ用として使用されることが多く、屋外には不向きです。
ですので、『歩行器=屋内用、歩行車=屋外用』とされていることが多いようです。
馬蹄型に関しては、床面や段差等に大きく影響されるため、屋内と言っても病院や施設で使用されることが多いです。

 

以上、簡単ではありますが、3種の違い、ご理解いただけましたでしょうか?

色々なメーカーのカタログを見ていると、馬蹄型歩行器を歩行車と表現されていたり、明確な定義はないのかもしれません。また大きな枠で考えると全て歩行器としてとらえることも可能ですが、各種類ごとの目的や特徴を理解し、ご使用いただければと思います。