こんにちは。福井です。
年末年始は家族や親戚とゆっくり過ごす予定ですが、みなさまはどのように過ごされる予定ですか?転職を考えている方であれば、そろそろ動き始めている頃ではないでしょうか?
先日、療法士の面接をしているときに、「どのように就職先を探しているの?」と聞くと、「PT協会誌やハローワーク、人材紹介です。」と答えました。私は「療法士も人材紹介を使う時代なんだなぁ」と少しビックリしたんですが、多くの事業者が人材確保に苦戦しているように、求職者の方も自分で希望の就職先を探し出すことができずに悩んでいるということを知りました。
本日は、療法士の業界でも最近よく耳にする「人材紹介」についてと、「訪問看護事業者の人材確保」についてお話させていただきたいと思います。

人材紹介ってなんなの?

「人材紹介」の正式名称は「有料職業紹介事業」といい、人材紹介業者が求人企業に療法士を紹介し、雇用が決まれば手数料として年収の20~30%が企業から人材紹介事業者に支払われるというものです。各都道府県の労働局から許可を受けた企業のみができる事業となります。
看護師の求人をされている企業や一般企業に努めている方であればご存じの方も多くいるかと思いますが、人材紹介事業者から雇用することはごくごく当たり前の時代なってきています。
年収の20~30%だと、療法士の給与から考えると70万~120万となります。この紹介料を初めて聞くと驚く方も多くいるかと思いますが、反対にこれくらいの金額なら積極的に使っていきたいと考える企業もいるかもしれません。
紙媒体やIT媒体の求人情報誌に載せると、1回10万円程度(当社使用額)ですので、1年中求人しても求職者が来るかどうかも分からないようであれば、人材紹介を利用するほうが確実に人材を確保できるという考え方もできますね。

優秀な人材なら100万円も安い?

ここで大切なのが、良い人材なのかどうか?ということです。「100万円も支払うんだから良い人材を紹介してくれるに決まっている。」と思いますよね? 人材紹介事業者が事前に篩(ふるい)にかけてくれているのであれば安心なんですが、そうではありません。ですので企業側が面接でしっかりと見定めることが大切になってきます。
仕事のできる人材で長く働いてくれるのであれば、100万円もそれなりの価値があるというものです。しかし、「仕事はできないし問題は起こす、数ヶ月で退職」なんとことになれば、お金をドブに捨てたも同然です。ただ、病院等で働いてきた経験のある療法士であれば、接遇面や技術面で問題がある方は少ないと思っています。金銭的な負担を考えると私の事業所で人材紹介を利用することは難しいですが、お金に余裕のある企業であれば積極的に利用することで、より良い人材の確保につながるんではないでしょうか。

どの求人媒体が有効なのか?

大阪で訪問看護ステーションを設立して5年になりますが、「どういった媒体を使って求人をしていますか?」と他ステーションの方からよく質問されますが、今までに利用・検討したことのある媒体だと、協会誌、ハローワーク、折込チラシ、求人冊子、IT求人が主となります。その中での比較となりますが、療法士であれば、IT求人>協会誌>ハローワークの順で反響があったように思います。また看護師であれば、折込チラシ>ハローワーク>求人冊子=IT求人となります。この優先順位は地域によって変わってくるかと思いますが、このように職種によって反響のある媒体は変わってきますので、良い人材を効率良く採用していくためには、どの媒体がより反響があるのか知ることから始めることも大切だと思います。

これから求職活動をされる方へ

「療法士 求人」で検索すると、有料紹介事業者のページが最初に上ってきます。中には人材紹介を利用すると「転職お祝い金10万円」等の目を引く魅力的な内容が書かれいるので、積極的に人材紹介を使いたくなるかと思います。しかし、最も大切なことはなんでしょう?それは希望の職場に転職できることです。それであれば自分の職場は自分で探すことを私はオススメしています。人気の職場だと、求人を出せば数名の面接希望者から連絡がくるはずです。そのなかであなただけが有料人材紹介を使っていたらどうでしょうか?
求人媒体が少なく、求人をかけている企業を探すことすら大変な業界ですが、より自分にあった職場を探したいなら、自身で探すことが1番だと私は考えています。今後、リハジョブ内では療法士を募集している求人企業を常時3000件以上掲載していく予定ですので、求職活動をされる際の1つの選択肢として利用していただければ幸いです。

今年の「業界に関する記事」は、この私の記事で終りとなります。今後もより良い情報の発信ができるよう、スタッフ一同努めてまいりますので、また来年からもよろしくお願い致します。それではみなさま、良いお年をお過ごしください。