今回は昭和30年代前半(昭和30~34年)に人気のあった音楽をピックアップしてYouTubeで見れるようにまとめました。

昭和30年(1955年)と言えば、今ではどこの家にもあるのが当たり前ですが三種の神器として「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」が話題となり始めた時代です。そして昭和33年には1万円札が発行され、東京タワーが完成した年で、フラフープが大流行した年です。

昭和の一桁台に生まれた方であれば、高度成長期の日本でばりばり働き始めている年ごろで、昭和10年代に生まれてい方であれば、学生時代や青春時代を過ごした頃であり当時に流行した曲を聞くと昭和初期の懐かしい思い出に浸れるかもしれません。

 

下の表の写真をクリックするとYouTubeの動画を見ることができますのでご覧ください。

フランク永井有楽町で逢いましょう
ペギー葉山南国土佐を後にして
大津美子ここに幸あり
春日八郎別れの一本杉
水原弘黒い花びら
島倉千代子この世の花
菅原都々子月がとっても青いから
美空ひばり港町十三番地
島倉千代子東京だよおっ母さん
若原一郎おーい中村君

その他にYouTubeの動画を集めましたので良ければご覧ください。

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽❝昭和20年代後半❞

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽❝昭和20年代前半❞

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽30選。

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽10選❝クラシック編❞

リハビリに意外と使えるYouTube

最後まで見ていただきありがとうございました。