今回は昭和20年代後半(昭和25~29年)に人気のあった音楽をピックアップしてYouTubeで見れるようにまとめました。

昭和25年(1950年)と言えば、自衛隊の前身である警察予備隊が発足した年であり、流行曲と言えば東京キッドがあげられます。

翌年の昭和26年には第一回NHK紅白歌合戦が始まった年で、パチンコが流行っていたようです。

昭和28年は今となっては一家に一台あるのが当たり目のテレビですが、白黒テレビが発売された年です。

そして、昭和29年は自衛隊法が公布された年であります。ゴジラやローマの休日、七人の侍が映画で上映された年であります。流行歌と言えばお富さんがあげられる年です。

戦後の苦しい時代から、徐々に国産の物が作られ始め貧しいながらも映画やパチンコ、テレビなどの娯楽を楽しむ時代になってききました。

当時の唄を聞くとあの厳しい時代を乗り越えてきた様に、昭和初期に生まれた方であればいい表情になるかもしれませんね。

下の表の写真をクリックするとYouTubeの動画を見ることができますのでご覧ください。

 

美空ひばりリンゴ追分
菊池章子岸辺の母
春日八郎お富さん
織井茂子君の名は
津村謙上海帰りのリル
江利チエミテネシーワルツ
高英男雪の降る町を
美空ひばり東京キッド
岡本敦朗高原列車は行く
岡本敦朗白い花の咲く頃

 

その他にYouTubeの動画を集めましたので良ければご覧ください。

 

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽❝昭和20年代前半❞

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽30選。

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽10選❝クラシック編❞

リハビリに意外と使えるYouTube

最後まで見ていただきありがとうございました。