こんにちは、だいすけです。

今回のテーマは「マッサージ」です。
理学療法士として働いているとよく聞くこの言葉。
療法士間の申し送りでも書いてある事が多いですね。

手技のセミナーでも「◯◯マッサージ」というものもあります。

他にも対象者から、
「肩をマッサージして欲しい」
とか、
「マッサージしたら良くなるんじゃないの?」
とか言われることもあります。

マッサージ、良く聞く言葉ですが、みんな同じ方法を指しているのでしょうか?
今回はマッサージに関して少し掘り下げてみましょう。

ちなみに、マッサージの効果に関してこの投稿で言及することは控えます。

マッサージとは

マッサージの定義は非常に難しいですね。
フランスのマッサージュmassageが語源のようです。

マッサージ(仏)
皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。

Wikipedia

血液やリンパの循環改善を主な目的としているのですね。

指圧となにが違うんでしょうね。

指圧
疾病の予防並びに治療を目的に、母指を中心として四指並びに手掌のみを使用し、全身に定められたツボと呼ばれる指圧点を押圧しその圧反射により生体機能に作用させ、本来人間の身体に備わっている自然治癒力の働きを促進させると謳っている日本独特の民間療法、手技療法である。

Wikipedia

マッサージより具体的です。
指圧はツボに対して押圧する手技のようです。

マッサージの種類

・軽擦法
・揉捏法
・圧迫法
・強擦法
・叩打法
・振せん法
筋骨格系理学療法の世界

マッサージはこんなにも種類があるんですね。
これだけの技術を対象者にきちんと実施できるようになるには、かなりの時間を要すでしょう。
学内だけの学習では難しいと思います。
卒後、ご自分でセミナーなどに行き学習する必要があります。

療法士とマッサージ

理学療法士がマッサージを手技として行うことは法律上、問題ありません。

第2条 この法律で「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

理学療法士及び作業療法士法

もんだり、さすったり、それ自体を否定する療法士もいらっしゃるようですが、ぼく自身はそういった行為の否定は一切しません。
基本的動作能力が改善すればいいんじゃないの?という立場です。
もちろん根拠がなければいけないので、懸命に手技を極める必要があるでしょう。

反対に、私は目的が明確でないマッサージに関しては否定的です。
理学療法の目的は基本的動作能力の回復です。
療法士が対象者に行うマッサージが、基本的動作能力の回復につながっている必要があります。

生活期で働いていると稀にこんなことがあります。
対象者が訪問サービスに対して受け入れが悪くい場合です。
そうして場合、まずは対象者の要望にきちんと応えて関係性を築くことが必要になります。
受け入れが悪いのに、こちら側の意見ばかり言っても逆効果ですよね。
こういった場合でも最終的には、対象者と関係性を築き、マッサージ以外の方法も実施出来た方がいいと思います。

まとめ〜手段と目的〜

マッサージの定義、種類、そして理学療法士としての取扱について説明しました。
マッサージという手技は、対象をきちんと選択し、手技としての実力を高め実施すれば必ず効果のあるものだと思います。
理学療法士がマッサージを行うことはなんら問題ありません。

ですが、マッサージ自体が目的となってはいけません。
あくまで、理学療法の目的は基本的動作能力の回復です。

対象者から「肩もんでくれ」と言われて、揉むと「あ〜きもちええ」と言われたら悪い気はしません。
対象者のどんな要望も「人」として応えたいという気持ちは誰にでもあると思います。
ですが、我々は療法士であるという自覚を常にもち、リハビリテーション=マッサージと解釈している対象者や医師、看護師などの他職種に対して、誤った解釈を適宜修正する必要があります。

マッサージはあくまで手段のひとつに過ぎないのであり、それが目的ではないのです。