今回は昭和20年代前半(20~24年)に人気のあった音楽をピックアップしてYouTubeで見れるようにまとめました。

 

昭和20年と言えば、映画にもなりましたが硫黄島の戦いや東京、名古屋、大阪、神戸、福岡などの主要都市の大空襲や広島と長崎に原爆が投下された年です。(昭和2年に生まれた方が18歳になる年)

この頃の日本では終戦後であり想像を絶するほど厳しい時代であったと思われます。しかし、その反面に日本全体が復興の勢いづいた元気のある時代です。

流行した歌と言えば『かえり船』『リンゴの唄』『憧れのハワイ航路』『東京ウギブギ』であり、昭和24年の流行歌と言えば『青い山脈』『長崎の鐘』『銀座カンカン娘』などがあげられます。

当時の唄を聞くとあの厳しい時代を乗り越えてきた様に、昭和初期に生まれた方であればいい表情になるかもしれませんね。

 

下の表の写真をクリックするとYouTubeの動画を見ることができますのでご覧ください。

 

 

青い山脈藤山一郎
リンゴの唄並木路子
湯の町エレジー近江俊郎
悲しき口笛美空ひばり
長崎の鐘藤山一郎
異国の丘竹山逸郎
東京ブギウギ笠木シヅ子
憧れのハワイ航路岡晴夫
かえり船田端義夫
啼くな小鳩よ岡晴夫

 

その他にYouTubeの動画を集めましたので良ければご覧ください。

 

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽30選。

 

 

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽10選❝クラシック編❞

 

リハビリに意外と使えるYouTube

 

最後まで見ていただきありがとうございました。