前回はオススメ音楽を選抜しましたが、今回はクラシックと特集です。

最近の介護施設等では、入居者様の心のリラクゼーションを目的に常に音楽を流している施設が多くあります。

施設がよく使用している音楽として、童謡や民謡などをよく耳にしますが、クラシック音楽もリラクゼーションに非常に効果的と言われています。

クラシック音楽では、ピアノやヴァイオリン、フルート、トランペット、ティンパニ、ハープ等様々な楽器が使用されており、リズムカルで豊かなメロディーラインが特徴的です。

リハビリ中であればリラクゼーション中に流すとリラックスできたり、認知症の不穏症状が出現している人に聞いてもらうと落ち着きを取り戻される方もいらっしゃるかもしれませんね。

以下に、YouTubeで見れるようにまとめましたのでご覧ください。

 

ベートーベン第9  1万人のコンサート
ベートーベン第9 指揮者 カラヤン
ベートーベン月光・熱情・悲愴
プラームス第1番 指揮者 小澤征爾
モーツァルト交響曲 40番
モーツァルトアイネクライネナハトムジーク
モーツァルトフィガロの結婚
ドビュッシーピアノ協奏曲
ヴィヴァルディ四季
シューマン子供の情景

 

その他、高齢者に人気の曲をまとめたブログや、YouTubeを使用した作業療法の紹介をしています。

良ければ参考してください。

作業療法士イチ押し!高齢者が聴きたくなる音楽30選。

リハビリに意外と使えるYouTube

 

最後まで見ていただきありがとうございました。