こんにちは、だいすけです。

突然ですが、
「あなたは健康ですか?」

このような質問をされると困ってしまいますね。

勢い良く「はい健康です!!」

と答えられる人は少ないのかもしれません。
どちらかというと、「私は健康ではないな」と答える方が多いと思います。
現代において性別や年令に関係なく、何かしらの不安やストレスを抱えている方が多いと思われるからです。

でも、そもそも「健康」ってなにかきちんと理解して答えているでしょうか?
今回は「健康」という言葉の意味について調べてみようと思います。

健康とは

健康とはなにか?WHOが健康の定義について述べています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

この定義によって、WHOでは、医療に限定されず幅広い分野で、人々の健全で安心安全な生活を確保するための取り組みが行われているのです。 この憲章の健康定義について、1998年に新しい提案がなされたことがあるということはご存知でしょうか。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

静的に固定した状態ではないということを示すdynamic は、健康と疾病は別個のものではなく連続したものであるという意味付けから、また、spiritualは、人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なものだという観点から、字句を付加することが提案されたのだと言われています。

この提案は、WHO執行理事会で総会提案とすることが賛成22反対0棄権8で採択され、そのことが大きく報道されました。そのため、健康定義は改正されたと誤解している人も多いのですが、その後のWHO総会では、現行の健康定義は適切に機能しており審議の緊急性が他案件に比べて低いなどの理由で、審議入りしないまま採択も見送りとなり、そのままとなっています。

日本語では、mental spiritual も同じく精神的と訳してしまいそうになるのは、宗教に希薄な国民性のためかも知れません。ともあれ、どう翻訳すべきかを考えてみることも、私たちが「健康とは何か」を考えるヒントのひとつになるかも知れません。

WHO憲章(文責 事務局 松村)

ばっちり書いてありました。

健康とは、
「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」
だそうです。

この一文、2つに分けて見ましょう。
・病気でないとか、弱っていないということではない。
・すべてが満たされた状態(肉体・精神・社会的)。

少しスッキリしましたね。

だれでも「健康」になれる?

前項で健康の定義についてWHO憲章を引用しました。

ここで疑問です。
「だれでも健康になれますか?」

私の考えでは、だれでも健康になれると思います(あくまでWHOの定義においての健康です)。
理由として、まず病気かどうかは健康とは関係ありませんので、現在何かしらの病気に罹患されている方でも健康になれる可能性はあります。
健康かどうかの決定的なところは、全てにおいて満たされているかどうかです。
なので、病気に罹患されている方でも、満たされることができれば健康ということになります。
この「満たされる」というのは、量的にとは書かれていないので、自分の実感として満たされていればOKですよね。

しかしながら、ココが1番難しいところでもあります。

なぜなら、人は絶対的や客観的・相対的なものに目を向けがちだからです。

例えば、健康診断で行われた血液検査の結果で、何かしらの異常があったとします。
そういった結果を見ると、どうしても「あ〜どこか身体に異常があるんだな〜」と捉えてしまうと思います。
この時点で肉体的な満たされ感は感じられないかもしれませんね。

精神的な部分も同じです。
仕事上のストレスがあるとか、家庭でのストレスがあるとか。
ストレスを感じている人は精神的な部分での満たされ感は感じられないかもしれません。
隣の家の芝生はなんとか、と言いますもんね。

社会的も同様です。

誰かと比べてどう、とか、検査の結果がどうとか、そういう絶対的・客観的・相対的な部分で語りだしたら誰も健康にはなれないでしょう。

主観的な健康の大切さ

健康とは、
・病気でないとか、弱っていないということではない。
・すべてが満たされた状態(肉体・精神・社会的)。
ということでした。
満たされていれば健康、量的に満たれているというのは条件にない。

このことを考えると、どんなに重い病気に罹患していたとしても、どんなにストレスを感じていたとしても、自分は健康だと思えたらそれが健康であると言っても良いのではないでしょうか。

逆に、客観的な健康を追い求めるあまり、どんどん精神的に追い詰められ、そして肉体的にも満たされない、ということになってしまうのではないでしょうか?

我々、理学療法士が病院や在宅で患者・ご利用者を担当したとき、客観的な機能の改善を目指すことが多いと思います。
学生時代から指導者に「客観的に示せ!!」と何度も何度も言われてきましたもんね。
客観的な機能の改善を追い求めることは否定しません。療法士としてはすごく重要なことです。

しかし、患者・ご利用者の客観的な機能の改善の先に「健康」が待っているわけではない、ということを念頭に置かなければなりません。

我々理学療法士が在宅で働くにあたって重要なことは、もちろん客観的な機能の改善ですが、それに加えて、ご利用者の「健康」にも配慮できる能力であると考えます。

淡々と機能訓練を行い、時間が来たらそそくさと帰る、これではご利用者は健康になれないかもしれません。
訪問時、訓練中、訓練終了後、その他必要なタイミングでご利用者の表情を見ながら会話をするだけで、ご利用者の何かを満たすことが出来るかもしれません。

烏滸がましいことを言ったかもしれませんが、これからの時代、「顧客」に選ばれるためにはそういった工夫も必要かもな〜と最近思いました。