こんばんわ。

これまで、福祉用具使用者における災害対策として、
『介護用品等の物資の確保』と『用具が安定して使用できる』を取り上げて書かせていただきました。

今回は、シリーズの最後として、福祉用具使用者に限らず、高齢者や障がい者の方も含めた、すべての方に必要と思われる、またすぐに出来そうな災害対策を書いていきたいと思います。

住んでいる地域の危険性を確認する

だいたいどの市においても、市町村内における過去に起こった災害などをもとに『ハザードマップ』のようなものが作成されているはずです。「この地区は浸水しやすい」、「土砂崩れの可能性がある」等が記載されていますので、一度確認してみましょう

住んでいる地域の対策・特性を知る

先ほどのハザードマップのように、各市町村において災害時のマニュアル等が作成されていると思います。『災害が起きた直後はどのように行動するの?』、『避難場所はどこに行けばよいの?』など、災害が起こった後で急に調べるのはなかなか難しいものです。市のHPや市役所等での配布もされていると思いますので、確認してみましょう。
また、こんな対策も取っていたのか!と思われるような、市町村独自の対策もあります。いかに何点かご紹介させていただきます

災害時要援護者支援制度(大阪府吹田市等)

 

災害時に支援が必要な方に対して、事前に登録をしてもらい、安否確認や誘導等を適切に行えるようにネットワーク作りをしようというものです。個人情報の記載等が必要になりますが、登録しておけば安心ですね

わが家は大丈夫!黄色いハンカチ作戦(R)(静岡県富士宮市)

 

災害直後、家にいる家族が無事(救助のいらない)だった場合に、黄色いハンカチを外から確認できる目立つところに掲げます。そうすることで、『私の家は大丈夫!!他のお宅へ救助に行って』という意思表示になり、安否確認が短時間で行えるというものです。

このように、各市において様々な対策をとられているようです。もちろん、上記の対策を取り上げさせていただいた市以外でも実施されているようですので、一度確認してみてください。

事前に家族で相談、計画をたてる

『避難場所まで移動手段と所要時間は?』、『持ち出すものはなに?』等、いろいろと事前に話し合っておけば、災害時の避難にかかる時間が短縮されます。また、自宅内にある物の安全性の確認(タンスの上に重たいものが置いてある等)も一緒に行ってもよいと思われます。また、家族内での対応が難しい方は近所の方にも協力をしてもらえるよう、事前にお願いしておいてもよいかもしれませんね。
また、ご家族の皆様で相談する際には、円滑に進めるためにも、いろいろなHPや資料を参考にしながら行いましょう。私のおすすめは、東京都が作成した『東京防災』という資料です。災害別の対策や応急手当の方法等がわかりやすく載っており、また非常に内容も詳しくおすすめです。東京都のHPでも読むことはできますし、東急ハンズ等の一部の店舗でも購入できます(300ページくらいある本なのですが、140円なんです!)。一時は完売となった事もあるような人気の本なので、興味がある方は探してみてください。

最後に

今回は3回にわたって災害に準備等に関して、書かせていただきました。
災害における準備はたくさんあり、急に思ってもなかなかできませんよね。
今回の記事で、徐々にでも準備に取り組んでいただければ幸いです。私もすぐに家族と話し合いをしたいと思います!