こんにちは、だいすけです。
今回は介護支援専門員=ケアマネの紹介です。

介護業界で働いている方は話す機会が多い職種ですね。
ほとんどの方が関わったことがあるのではないでしょうか。

私が介護業界で働き始めた時は、いまいちよくわからなかった、ケアマネさん。

この記事を読んでいただけば、新しく介護業界に異動になった療法士の方々や、これからケアマネを目指そうという方々のお力になれるのではないかと思います。
介護業界に関係する医師の方々にも是非よんで頂きたいです。

と言ってもいつも通り法律の引用を絡めた説明なので、入門編といったところでしょうか。

引用するのは、
介護保険法
です。

介護支援専門員=ケアマネとは?

この法律において「介護支援専門員」とは、要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス若しくは地域密着型介護予防サービス又は特定介護予防・日常生活支援総合事業(第百十五条の四十五第一項第一号イに規定する第一号訪問事業、同号ロに規定する第一号通所事業又は同号ハに規定する第一号生活支援事業をいう。以下同じ。)を利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者、特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして第六十九条の七第一項の介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。

介護保険法第7条第5項

介護支援専門員=ケアマネージャー=連絡調整等を行う者
です。

この法律において「介護支援専門員」とは、
要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な、
・居宅サービス
・地域密着型サービス
・施設サービス
・介護予防サービス
・地域密着型介護予防サービス
・特定介護予防・日常生活支援総合事業
を利用できるように、
・市町村
・居宅サービス事業を行う者
・地域密着型サービス事業を行う者
・介護保険施設
・介護予防サービス事業を行う者
・地域密着型介護予防サービス事業を行う者
・特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者等
との連絡調整等を行う者である。

また、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして介護支援専門員証の交付を受けた者をいう。

こうやって書くとわかりやすいです。

こうしてみると、非常に大変な仕事だなーと思いますね。
要介護者等が利用するサービスの種類・量によりますが、多くの方々、施設と連絡調整を行う必要があります。

介護支援専門員になるには?

(介護支援専門員の登録)
第六十九条の二 厚生労働省令で定める実務の経験を有する者であって、都道府県知事が厚生労働省令で定めるところにより行う試験(以下「介護支援専門員実務研修受講試験」という。)に合格し、かつ、都道府県知事が厚生労働省令で定めるところにより行う研修(以下「介護支援専門員実務研修」という。)の課程を修了したものは、厚生労働省令で定めるところにより、当該都道府県知事の登録を受けることができる。ただし、次の各号のいずれかに該当する者については、この限りでない。
 成年被後見人又は被保佐人
 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
 この法律その他国民の保健医療若しくは福祉に関する法律で政令で定めるものの規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
 登録の申請前五年以内に居宅サービス等に関し不正又は著しく不当な行為をした者
 第六十九条の三十八第三項の規定による禁止の処分を受け、その禁止の期間中に第六十九条の六第一号の規定によりその登録が消除され、まだその期間が経過しない者
 第六十九条の三十九の規定による登録の消除の処分を受け、その処分の日から起算して五年を経過しない者
 第六十九条の三十九の規定による登録の消除の処分に係る行政手続法 (平成五年法律第八十八号)第十五条 の規定による通知があった日から当該処分をする日又は処分をしないことを決定する日までの間に登録の消除の申請をした者(登録の消除の申請について相当の理由がある者を除く。)であって、当該登録が消除された日から起算して五年を経過しないもの
 前項の登録は、都道府県知事が、介護支援専門員資格登録簿に氏名、生年月日、住所その他厚生労働省令で定める事項並びに登録番号及び登録年月日を登載してするものとする。

介護保険法

試験に合格し、研修の課程を修了しなければなりません。
受験要項に関しては各都道府県を参照していただきたいと思います。
ここでは大阪府の受験要項を紹介します。

第20回大阪府介護支援専門員実務研修受講試験のお知らせ

□受験資格
「医師、看護師、介護福祉士等の国家資格に基づく業務」、「保健、医療、福祉の各分野における相談援助業務」及び「主たる業務が介護の業務」に従事した経験を有する方で、その期間が通算して5年以上であり、かつ、現に当該業務の実務に従事した実績日数が900日以上(一部の業務については、10年以上かつ1,800日以上)の実務経験を有する方

受験要件の見直しがあったようですね。
ご注意ください。
免除も見直されたようです。

□試験日
平成29年10月8日(日曜日)

おお、あと1ヶ月弱。
受験者はいまから追い込みですね。

□合格率
第19回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

13.1%!!
これだけ見たらなかなかハードルが高いですね。

介護支援専門員の実情

○会員数(平成27年度 事業報告、平成28年3月31日現在)
25,303 名(平成 27 年度会費入金者数)
これは会員ですね。
どうなんでしょう、少ないように感じますが、、、
一般社団法人日本介護支援専門員協会 平成 27 年度 事業報告

○合格者数(平成28年度まで)
666,783人(受験者数2,624,260人)
60万人超えていました。こう見ると会員数は少ないですね。

○有資格
受験者の保有する資格についてです。
平成28年度の職種別合格者です。
合格者の構成比率でみてみましょう。
1番多いのはだんとつの介護福祉士です。66.4%。
2番目は相談援助業務従事者・介護等業務従事者、15.4%。
介護福祉士とかなり差がありますね。それだけ介護福祉士の受験者数が多いということですね。
介護福祉士は将来的に介護支援専門員になるというビジョンがあるのかもしれませんね。
3番目、社会福祉士、10.7%です。

第19回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

ちなみに、看護師は9.2%、理学療法士は3.8%、作業療法士は2.0%、言語聴覚士は0.3%です。
あくまで合格者の構成比率です。

○実働者数
古いデータになってしまいますが、こちらをご参照ください。

ケアマネジャーの資質向上

平成14年度の累計合格者数が26万人程に対して、実動者数は8万人程。18万人はなにをしているんでしょうか?
資格を有しているが、実働には至っていない、ということですね。
私もそうですが、介護支援専門員の資格を持っていますが、業務に従事していません。

以前勤務していいた職場では、介護支援専門員などの資格を持っているだけで、資格手当が支給されました。
言い方が悪いかもしれませんが、手当のために資格をとりました。年間10万円以上ももらえるわけですから、とらない理由はありません。

介護支援専門員の仕事、やってみたいな、とも思いますが、、、。どうでしょう。大変そうです。

○報酬
担当する件数、介護度によって報酬は異なります。
要介護3,4,5で、月40件未満の場合は、1353単位、となります。
月の件数が40件、60件を超えると、報酬は変わります。

ざっと計算すると、30〜40件程度担当しているとすると、月の報酬は40〜50万ほどでしょうか。
加算などを考慮すればもう少し変動すると思われます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の給料・年収

これを見ると介護支援専門員の平均年収は370万ほど。
月のお給料で言うと26万ほど、だそうです。

ケアプランの作成に関してはご利用者の負担はありません。
ケアプランはご自分で作っても良いです。

ただ、大変ですよね、きっと。
様々なところに連絡しなければならないし、個人ではとても抱えきれない仕事量だと思います。
金銭的な見返りもありません。

自分の人生を自分らしく、と思われるのであればケアプランをご自分で作成するのもありなのではないでしょうか。

介護支援専門員の業務内容

業務の主だったものとして、利用者の情報を収集・分析、ケアプランの作成、が挙げられると思います。
こうやって言うとものすごく簡単な仕事のように見えますが、そうではありません。
ご利用者さんのインテークにはじまり、アセスメント、プランの作成、モニタリング、その他書類業務、そして連絡調整、サービス担当者会議。やることは山積みです。
ご利用者からの連絡、サービス担当者からの連絡、1日ひっきりなしに電話がなるでしょうね。
書類も作らなければいけない、担当者会議の日程調整をしなければいけない、ご利用者さん宅への訪問も・・・、あの方へ電話を折り返さなきゃ・・・。
想像しただけで大変です。

「ケアマネの業務」流れやポイントを完全網羅!

まとめ

介護支援専門員に関して非常に簡単に記事にしました。
実際の業務は、非常に複雑で繊細です。
多くの関係者の考えや気持ちを汲み取り、ひとつのケアプランに落とし込む。
すごく大変な仕事だと思います。

私も一度ケアプランを作成したことがありますが、理学療法士ということもあって非常に医療に傾いたプランが出来上がりました。
きっと作成者のセンスや専門性が反映されてしまうのでしょうね。

介護業界で働くみなさん、もう一度ご自分が担当されているケアプランに目を通し、担当ケアマネさんがどういった気持ちで作成したか、ケアマネさんの気持ちに思いを寄せてみてはいかがでしょうか。