こんにちは。
だいすけです。

前回は「自律」と「自立」の違いについて述べました。
自律?自立?理学療法士が考えるジリツとは?

7月21日に開催された診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」で、回復期リハビリテーション病棟からの退院患者について、退院時と退院後1か月のADLを比較すると後者のほうが低下しているという研究結果があり、退院後にもリハビリテーションを提供できる体制の確保に向けた評価を検討すべきではないか、という議論が行われ、このことについても触れました。
回復期リハ病棟、「退院後のリハビリ提供」の評価を検討—入院医療分科会

今回は、基本中の基本、デイケアとデイサービスの違いについて説明します。
この違い、きちんと説明できますでしょうか??

デイケア?デイサービス?

そもそもなぜ、デイ・ケア、デイ・サービス、と呼ばれるようになったのでしょうか。

デイケア→通所介護
デイサービス→通所リハビリテーション

という名称がきちんとあります。
調べて見たのですが、デイ○○と呼ばれるようになったきっかけ、由来はわかりませんでした。
なぜでしょうね。気になります。分かり次第、ブログにアップします。

どちらも、一定の時間の間、施設内でさまざまな介護サービスを受けることが出来、居宅サービスに位置づけられます。

定義

○通所介護

この法律において「通所介護」とは、居宅要介護者について、老人福祉法第五条の二第三項 の厚生労働省令で定める施設又は同法第二十条の二の二 に規定する老人デイサービスセンターに通わせ、当該施設において入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うこと(利用定員が厚生労働省令で定める数以上であるものに限り、認知症対応型通所介護に該当するものを除く。)をいう。
介護保険法

通所介護の内容は、
・入浴、排泄、食事 等の介護その他の日常生活上の世話
・機能訓練

です。

○通所リハビリテーション

この法律において「通所リハビリテーション」とは、居宅要介護者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、介護老人保健施設、病院、診療所その他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、当該施設において、その心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションをいう。
介護保険法

通所リハビリテーションの内容は、
・理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーション
です。

 

基本方針

○通所介護

第九十二条 指定居宅サービスに該当する通所介護(以下「指定通所介護」という。)の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指し、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものでなければならない。
指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準

・目標
その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指す。

・方法
必要な日常生活上の世話及び機能訓練

・目的
利用者の社会的孤立感の解消
心身の機能の維持
利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減

○通所リハビリテーション

第百十条 指定居宅サービスに該当する通所リハビリテーション(以下「指定通所リハビリテーション」という。)の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指し、理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行うことにより、利用者の心身の機能の維持回復を図るものでなければならない。
指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準

・目標
その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指す。

・方法
理学療法
作業療法
その他必要なリハビリテーション

・目的
利用者の心身の機能の維持回復

 通所介護
(デイサービス)
通所リハビリテーション
(デイケア)
目標その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう生活機能の維持又は向上を目指す
方法必要な日常生活上の世話及び機能訓練理学療法
作業療法
その他必要なリハビリテーション
目的・利用者の社会的孤立感の解消
・利用者の心身の機能の維持
・利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減
利用者の心身の機能の維持回復

だいぶスッキリしました。
こうしてみると全くの別物ですね。

まとめ

通所介護(デイサービス)と通所リハビリテーション(デイケア)の違いについて説明しました。
我々療法士がご利用者に通所サービスを勧めることは少なくないです。
なので、きちんとサービスの目的、方法、目標を説明出来るようにする必要があります。