作業療法士の河原です。今日は高額療養費制度の話です。高齢者の高額療養費制度が2017年(平成29年)8月からと、2018年(平成30年)8月からの2回に分けて変わります。PTOTSTとして働くうえで、患者さんや利用者さんが自己負担をどの程度支払っているかは理解しておく必要があると思います。自己負担を知ることで、提案できるリハビリの回数等助言できる幅が変わりますが、高額療養費制度など通常あまり気にかけない療法士も多いでしょう。今回は今年と来年に変更予定の高額療養費制度について勉強してみましょう。

そもそも高額療養費制度って?

一月(1日から月末まで)にかかる医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(年齢や収入によって変わる)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

例えば70歳未満で月収30万円程度の方が、100万円の医療費がかかった場合。

100万円の3割である30万円を自己負担として窓口で支払います。しかし、212,570円が高額療養費として後日給付されます。つまり実際の負担は87,430円となります。

70歳未満の高額療養費計算方法(2015年1月改定)

年収自己負担限度額
約1160万円以上252,600円+(総医療費ー842,000円)×1%
約770万円~1160万円167,400円+(総医療費ー558,000円)×1%
約370万円~770万円80,100円+(総医療費ー26,700円)×1%
約370万円未満57,600円
住民税非課税35,400円

2017年8月、2018年8月から何が変わる?

2017年8月より70歳以上の方の高額療養費の上限額が変わります。特に高所得者の方の負担額が増えることになります。

表を見ていただいてわかるように、年収370万円以上の方は現役世代と同じ上限額になります。

これまでは、100万円の医療費に対して
外来で44,400円の負担、入院では87,430円の負担でした。

しかし、平成30年8月以降は年収1160万円以上のかたは医療費100万円に対して
外来、入院共に254,180円の負担が生じることになります。

患者さん、利用者さんの負担も知ることが大切

国が財政難と言われるなか、私たち診療報酬が下げられるだけでなくこのように医療、介護サービスを受ける側の人たちも負担が多くなっています。自分たちのリハビリがどのような診療報酬や介護報酬なのか、またその患者負担、利用者負担はどのようになっているかは療法士である私たちも知っておくことが大切です。今後も報酬や制度についても記事を書いていこうと思います。