あいーとについて

4回目の『あいーと』試食は、チキンカツです。
チキンカツといえば、硬い、ジューシーだけどパサパサしている、トンカツと比べて安価でビッグサイズ、などの特徴がありますよね。

私はチキンカツを食べると、サクサクした衣で口の中が傷だらけになるのですが、それでも時々無性に食べたくなります。
熱々のチキンカツに、タルタルソースをつけて食べると美味しいですよね。
安価でビッグサイズというのも、お財布に優しくて良いです。

そんなチキンカツですが、硬くてパサパサしているといった特徴のため、食べ物を噛んだりまとめたりする力が弱くなっている方、飲み込む力が落ちている方にとっては優しくないメニューなのです。

噛む力やまとめる力が弱いと、硬いチキンカツを唾液と混ぜ合わせて柔らかくし、飲み込みやすい団子状にまとめることが難しくなります。また、飲み込む力が落ちていると、チキンカツがバラけて喉に残り、誤嚥につながってしまいます。

それでもやっぱりチキンカツが食べたい!といった方の期待に、『あいーと』は応えることができるのでしょうか。
『あいーと』がうたう、「舌でくずせる程の驚きのやわらかさ」のチキンカツ…。
いったいどんな物なのか、想像がつかないですよね。
『あいーと』HPのお肉メニューにチキンカツがありますが、全メニューを見てみると、なんと揚げ物はチキンカツだけです。(※揚げてあんかけした物を除く)
『あいーと』の中でも異色のメニューといえます。

あいーと お肉のメニュー
あいーと 商品を選ぶ

『あいーと』唯一の揚げ物が、なぜチキンカツなのかは分かりませんが、これはぜひとも食べてみたいですね。
今回の試食も、仕事が終わってから夕食の時間帯に行いました。
空腹時のチキンカツ、否が応でも期待は高まります。
試食の結果はどうだったのか、お伝えしましょう。

試食レポート

【見た目】★★★☆☆

 

加熱後は、パッケージの写真より、チキンカツもブロッコリーも、しっとり、もう少し言うとべっちょりとした見た目になりました。
冷めたチキンカツを、レンジで温め直したような印象を受けます。
衣のサクサク感も見た目には感じられません。
ブロッコリーは、べっちょりしていたためか、パッケージの写真より量が少ないように感じます。
色目はチキンカツ、ブロッコリーともにパッケージの写真そのものです。半固形状の白いものは、タルタルソースです。

【香り】★★★★★

加熱中から、チキンカツの良い香りがしました。食べると、チキンカツの香りが口の中に広がります。
ソースも食欲をそそる香りです。
香りだけで、白ご飯が食べられそうです。

【味】★★☆☆☆

味はしっかりと付いていますが、チキンカツでもチキンでも無いような味です。
何を食べているのか、いまいちよく分からない印象です。
チキンカツの味とは言い難いため、星2つの評価としましたが、何なのかよく分からないものの、美味しくは食べることができました。
ソースは濃い目の味付けで、タルタルソースと合わせてつけると味が濃くなり過ぎますが、味覚が低下している方にとっては、良い刺激になるかもしれません。

【食感】★☆☆☆☆

チキンカツからは、ほど遠い食感です。
衣は、サクサク感が皆無で、べっちょりとしています。チキンは、繊維がカニの身をほぐしたような感じで、カニしゅうまいを食べているような印象です。
衣、チキンともに柔らかいのですが、チキンよりも衣の方が少し硬めです。

【まとまりやすさ】★★★☆☆

噛む力が弱くなっていても、噛むという動作ができれば、衣とチキンを混ぜ合わせて団子状にできそうです。舌と口蓋だけで食べようとすると、なかなか飲み込みやすい団子状にまとめることができません。まとめようとしているうちに、舌の上の衣は無くなりましたが、チキンの繊維が残りました。

【飲み込みやすさ】★★★☆☆

飲み込んだ後も、口や喉にチキンの繊維が残ります。食物をまとめることが難しい方では、より沢山の繊維が残ると考えられます。その状態で食べ続けると、残ったものを誤嚥するリスクが高まるため、追加で何度か唾を飲み込んだり、飲み物と交互に食べたりする工夫が必要だと考えられます。

【調理方法】★★★☆☆

電子レンジを使用しました。200wで5分が温め時間の目安です。
蒸し器だと20分、スチームコンベクションだと80℃で30分です。

まとめ

今回一番評価が高かったのは「香り」で、評価が低かったのは「食感」でした。
チキンカツの食感を出そうとすると、硬くてパサパサしてしまうのは必至です。
それでは安全に食べることはできませんよね。
『あいーと』は、食べ物を噛んだりまとめたりする力が弱くなっている方、飲み込む力が落ちている方が食べる商品ですから、安全が最優先事項となるのは当然です。
しかし、『あいーと』のチキンカツを試食してみて、食感はチキンカツにとって非常に大切なのだと痛感しました。
私たちは物を食べる時、味覚だけでなく、視覚・嗅覚・触覚なども使って、何を食べているか判断しています。
今回、味の評価は星2つとしましたが、もしチキンカツの食感であれば、味も違って感じたかもしれません。
オーブントースターで温めるとサクッとするのかもしれませんね。

あと、食感の評価をする時いつも考えるのが加熱方法についてです。
電子レンジではなく、蒸し器やスチームコンベクションであれば、もう少し食感が改善されるかもしれません。機会があれば、『あいーと』の一つのメニューを三種の加熱方法で食べ比べてみたいです。

最後に、まとまりやすさ、飲み込みやすさで書いた繰り返しになりますが、口の中や喉にチキンの繊維が残りやすいため、食事中は唾を追加で飲み込んだり、水分と交互に食べることをお勧めします。食事後は口腔ケアを行い、口の中に残った食べ物を除去してください。また、食べ物が喉に残ってガラガラ声になっていないか確認し、ガラガラ声になっている場合は、通常の声に戻るまで、咳払いや発声を繰り返し行うと安全です。

こんな方におすすめ

・再成形食やきざみ食を安全に摂取できている方。

・再成形食やきざみ食の見た目では食欲が湧かない方。

・認知症などにより、再成形食やきざみ食を見て食事であると認識できない方。

・義歯がない方や、硬いものを噛むことが難しい方。

ちなみに、あいーとは冷凍保存であるため賞味期限は3か月~11か月(食パンのみ約20日~3か月のようです)と長持ちします。

あいーとの購入方法ですが電話・FAX・ハガキ・オンラインショップといった方法があります。