こんにちは、マサヤです。
ドライバーを振り始めて2回目のT氏ですが、かなり苦戦しています。
フェースを開いて閉じるだけ。ただそれだけのこと(笑)。
それが難しいのです!!それが!!

本日は「インパクト直後の腕の位置」をポイントにみていきましょう。

 

 

 

vol.17へ進む   vol.15へ戻る

まずは動画をご覧ください

T氏の11月30日スイング動画はこちら

介入前

介入後

T氏の11月30日のスイング動画より抜粋

(上図:介入前 / 下図:介入後)

①アドレス ②テイクバック ③バックスイング ④トップ
⑤ダウンスイング ⑥インパクト直後 ⑦フォロースルー ⑧フィニッシュ

 

「介入前」のT氏のスイング動作は、9時➝1時の振り幅でスイングしています。
⑤では、④で開いたフェースが十分に閉じていません。
⑥~⑦では、フェースが閉じないままインサイドに振り抜かれています。
結果、ボールは右に打ち出されて右へ曲がっています。

介入

フェースローテーションを確認しながら、素振りを繰り返し行う。
→③ではフェースが開いていき、⑤ではフェースが閉じていく。
→左右の重心移動と体の回転にタイミングを合わせて、スクエアにインパクトできるようにする。

変化した点

「介入後」のT氏のスイング動作は、10時➝1時の振り幅でスイングしています。
⑤では、④で開いたフェースを閉じる動きができています。
⑥~⑦では、スクエアにインパクトできていますが、インサイドへの振り抜きが強くみられています。
結果、ボールは真直ぐ打ち出されて右へ曲がっています。

■「インパクト直後の腕の位置」を見てみましょう。

 

介入前は、左腕が右腕よりも体の前方へ出ています。これはフェースローテーションにおいてフェースが開いた状態の型です。この状態のままインパクトしている事がわかります。

介入後は、左腕が右腕よりも体側へ近づいています。これはフェースローテーションにおいてフェースが閉じた状態の型です。インパクト以降はフェースが閉じていく事でボールが捕まりますので、この状態でインパクトできるようにフェースローテーションを行いましょう。あとはスイング軌道がインサイド方向に強いので、調整していきましょう。

 

 

■本日を振り返って

ドライバーはシャフトが長くクラブヘッドが大きいため、回転させることが難しくなり振り遅れてしまいます。バックスイングで開いたフェースをダウンスイングでしっかりと閉じていく動き(フェースローテーション)を獲得するのは、簡単そうで実に難しいですね。頑張っていきましょう!!

「データ掲載」

また来週お会いしましょう。

本日はお疲れ様でした。